香典返しについて説明します

通夜や葬式などといった葬儀の際に頂くことになるものが香典です。
多くの場合、香典返しを贈る習慣が定着しているため、遺族の感謝の気持ちを表すために、お返しとして品物などを贈ることがあります。
香典返しを行う際にも、常識やマナーなどが存在しているため、相手に失礼のないように贈ることが必要となってきます。
例えば、贈る時期としては、一般的に仏式の場合は四十九日の忌明け後に贈ることが多いと言えます。
また、ただ品物を贈るだけではなく、挨拶状などを添えて贈ることが良いと言えます。
しかし、最近では四十九日の忌明け後ではなく、即日返しを行うことも多くなってきています。
即日返しの場合の注意点としては、当日には既に品物を用意しておくことになるため、頂いた香典と釣り合わない場合があり得るという点が挙げられます。
万が一高額な香典を頂いた場合は、即日返しとして品物を贈っていたとしても、忌開け後などに挨拶状を添えて、再度品物を贈ることが良いと言えます。
また、故人がお世話になった方に対しても、即日返しの分とは別に、忌開け後に挨拶状と品物を贈ることが良い場合もあります。
なお、贈る品物の金額の相場としては、頂いた香典の金額の3分の1もしくは半額程度が一般的です。
そのため、即日返しをするために事前に品物を用意する場合においては、初めから複数の種類の品物を用意しておくと、いただいた香典の金額に合わせてお返しをすることも可能と言えます。
贈る品物としては、一般的には後々残らないような消耗品が良いと言われているため、お茶や砂糖などのギフトが最適となっています。
お店などでも元々お茶や砂糖などのギフトセットが販売されているため、選びやすくなっています。
香典返しにはかけ紙や水引き、表書きなどをつけることになります。
これらは一般常識ともなっていますが、水引きの色なども地域によって違いが生じてきます。
そのため、地域によって問題がないかどうかを事前に確認しておくことも必要と言えます。
また、表書きには志を書くことが一般的となっています。
これは、宗教を問わず使うことができる表書きとなっているため、問題なく使用することができます。
また、水引きの下には施主の名前を入れるようになっており、名字またはフルネームで入れます。
これらは専門的に扱っているお店で購入すれば、適切に準備をしてもらうことができるため問題ありませんが、個人で準備する際は注意が必要となってきます。

香典返しのことならジャストハートへ。仏事用ギフトの専門店です。包装紙・挨拶状・のしなども無料で豊富にご用意しております。香典返しにピッタリのギフトを取り揃え。お客様のご予算に応じて最適な商品をご提案させて頂きます。香典返し・法要引き出物などの仏事用ギフト商品を専門に扱っております。是非ホームページをご覧ください。仏事用ギフトの送料無料の商品が多数ございます。